役所と業者の不用品処分の違い

不用品処分を依頼する時、役所か業者のどちらかに依頼をする必要があります。しかし、役所と業者の不用品処分では何が違うのかご存知でない方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、役所と業者の不用品処分の違いをご紹介しております。

処分出来る物

役所では、エアコンやTV、冷蔵庫、洗濯機などの家電リサイクル対象商品の処分を依頼することは出来ません。また、パソコン本体やノートパソコンなど他にも処分することが出来ない物が多くあるのです。

しかし、業者の場合は有害性のある物、引火性のある物、危険な物、著しく悪臭を発する物を除いてほぼ全て回収をすることが出来ます。スポーツ用品やカー用品など、どのように処分していいのか分からない物も回収することが出来るので、とても頼りになるでしょう。

手間

役所で処分してもらう場合、決まった日時・決まった場所に有料粗大ゴミ回収券を貼ったゴミを運ぶ必要があります。どんなに重たい荷物でも自分で運ばなければいけないため、とても手間がかかります。しかし、業者の場合は専門スタッフが自宅から直接荷物を運び出します。電話やメールで申し込むだけで依頼が出来るので、気軽に利用することが出来るでしょう。

利便性

役所の場合は日時の指定、土日回収をお願いすることは出来ません。役所が指定した収集日に合わせて処分を行わなければいけないのです。しかし、業者では自分の都合の良い日時を指定することが可能です。また、メールによるお問い合わせは24時間可能なので、仕事が忙しい方でも利用することが出来ます。

京都にある京都学生回収センターでは、激安料金で不用品処分、遺品整理・家財整理、学生向きゴミ回収、製造3年以内の家電買取などを行っております。回収にかかる費用の心配をしている方でも、京都学生回収センターであれば格安で回収致しますので、お気軽にご利用頂けます。
お見積もりは無料となっておりますので、まずはお電話やメール、ファックスにてお問い合わせ下さい。