遺品整理を依頼する前に確認すること

遺品整理には、故人を供養するという意味もあります。そのため、きちんと遺品整理をしてあげることが大切です。最近では、業者に遺品整理を依頼する方も多くいらっしゃいますが、その際には事前に確認しなければいけないことがあります。

遺言書の有無

遺言書は、相続を決めるとても大事なものです。最初から遺言書の存在を知っていれば問題はありませんが、遺品整理をして見つかるというケースもあります。そのため、遺品整理前に遺言書が残されていないか、しっかりと確認しましょう。遺言書は誰でも作成することが出来るため、残されている可能性はとても高いと言えます。

遺品として何を残すか

遺品整理をする前に、故人が生前使用していた物の中から何を遺品として残しておくか決めましょう。思いがこもった物というのは、ご遺族の方にしか分かりません。全てを処分してしまうのももちろんいいのですが、やはり思い出として残しておきたい物もあるでしょう。遺品整理を依頼する前に、
しっかりと処分品と遺品として残すべき物は分けておくことをおすすめします。

親族への確認

遺品整理は、時に親族内のトラブルを引き起こすきっかけともなります。後々、遺品の分与でトラブルにならないためにも、遺品整理を行う前に親族に声をかけておくことをおすすめします。せっかく供養として遺品整理をしても、あとで親族から文句を言われてしまうと悲しいものです。そのため、故人の葬儀や初七日など、親戚が集まる機会があれば、その時に伝えるといいでしょう。

京都遺品整理をお考えの方は、京都学生回収センターをご利用下さい。京都学生回収センターでは、諸々の事情や突然の出来事でお荷物やお部屋の整理をお考えの方にお力添え致します。
料金を激安価格で設定しておりますので、費用の心配なくご依頼頂けます。

また、京都学生回収センターでは遺品整理だけではなく、不用品回収や学生さん向きゴミ回収も格安料金で承っております。お見積もりは無料となっておりますので、是非お気軽にお問合せ下さい。